難関校も自分にあった勉強法で突破!!馬渕教室の個別指導で実現☆馬渕掲示板
by kobetsushidou
プロフィールを見る
画像一覧

馬渕教室さんの指導システムは1対2システム、1対1システムの2種類

【1対2システムとは?】
先生1人が2人の生徒を指導します。
1対2とはいえ2人の生徒に同時に同内容の授業を実施するわけではありません。
生徒個々のカリキュラムに基づき、1人の生徒が問題を解いている間にもう1人の生徒に解説を実施していきます。
1回の授業の中で「演習」と「解説」を繰り返すことで効率よく学習を進めます。

【1対1システムとは?】
先生1人が生徒1人を指導します。
授業中ずっと先生が見守ってくれていますので密度の濃い学習ができます。
苦手科目の克服のために、分からない箇所が出てきたらそのつど基本事項まで戻ってじっくり学習したり、得意科目をもっと速く、あるいは深く学習するなど自分のペースに合わせて学習を進めます。

1回の授業の流れ(PREP指導法)

【前回の復讐・チェックテスト】
授業のスタートは、前回授業の復習から入ります。
前回の授業が理解できているかどうかは、チェックテストで確認します。

Point
【本日の授業目標設定・復習ポイント(単元)の提示】
必ず、授業始めに、生徒と一緒に授業目標を設定します。
その後、本日学習する内容のポイントや単元を提示します。

Reason
【ポイント説明理由の指導、導入】
そのポイントの理由を説明します。
マンツーマンで、新出ポイント(単元)の導入を行います。

Exercises(Example)
【問題演習・確認の実施】
基本問題を自力で解いていきます。その後、答えあわせを行い、理解が不十分であれば、再度ポイントの説明を行います。基本問題が解けたあとは、類題から応用問題へと各自のレベル・スピードに合わせて一段・一段進んでいきます。

Point
【授業ポイントの確認】
授業の終わりに、本日の授業のポイントを再度確認(確認テスト等)を行います。

【授業の復習・宿題】
新出ポイント(単元)はその週のうちに必ず復習。
何度も何度も繰りかえして身につけるのが実力UPのコツです。
最後に、そのための宿題が出されます。


馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室



馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室

[PR]
by kobetsushidou | 2011-01-26 10:30 | 馬渕教室